スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学将棋部ってこういうところ

 @暫定管理人です。

 今日は、最初に中央大学将棋部の概要を主観的に書いていこうと思います。


 現在、中央大学将棋部は多摩キャンパスと後楽園キャンパスにそれぞれ部員がおり、両キャンパスで30人強在籍しています。

様々な実力の部員が在籍していまして、強い部員は「2009年度大会結果」にもあるように、全国大会上位進出者がおりますし、もちろん、駒の動かし方を覚えたばかり、という部員もおります。
こうした多様な実力の部員がいることで、入部希望者のあらゆるニーズに応えられるのでは、と考えています。そして、実力に関わらずどの部員も主役になれる、という点が何より自分が入部した最大の理由であり、最も好きな点でもあります。

その主役というのを表す端的な例として、多摩キャンパスではほとんどの部員が役職に就いていることが挙げられます。主将や部長、会計といったものから、イベント企画まで実に多種多様。各役職の責任者はその手腕をいかんなく発揮し、部の運営をスムーズに、また楽しくできるよう、日々取り組んでいます。


 したがって、「将棋に興味はあるけれど、みんな強いと行きづらいなあ」とか「将棋部って将棋しかしない部活動なんだろうなあ」と思っている方がいたら、その認識を変えていただくべく、是非将棋部まで足を運んでいただければと思います。皆さんの才能、とりわけ将棋以外の才能がいかんなく発揮できる、そして自分自身で作り上げることのできる部ですので、充実した生活になることを保証します。


 「いきなり将棋部に行くのはちょっと・・・」と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、そういった方はこのブログのコメント欄に聞きたいことを書いていただければ、お答えいたしますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご意見・ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。