スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春季シーズンを振り返って

 @暫定管理人です。

 久しぶりに更新しました。

 大会結果のページにもありますように、中央大学将棋部は春季、すばらしい結果を残すことができました。皆さんの応援あっての結果です。応援、ありがとうございます。

 ここでは、簡単に春季を振り返ってみたいと思います。

 春季個人戦

 18人が参加し、中央大学将棋部としては例年にない出場人数となりました。各選手が活躍する中、準優勝者が誕生しました。

 春季団体戦

 最終戦の東京工業大学との優勝決定戦に敗れてしまったものの、勝ち数では1位となっており、層の厚さを実感しました。

 東日本大会出場校選抜トーナメント
 
 強豪校との対戦で一進一退の試合展開でしたが、優勝することができました。中央大学将棋部としては久しぶりとなります上位大会への進出と、史上初となる東日本大会への出場権を獲得いたしました。

 古豪新鋭戦

 出場チームが5という、こちらも中央大学将棋部としては例年になく多くのチームが出場しました。レギュラー入りを目指すメンバーや、4月からの努力の成果を発揮する舞台と位置づけたメンバー、あらゆるモチベーションでそれぞれに収穫のあった大会となりました。

 新人戦

 全出場者が多数のため1日4局というペースで行われましたが、見事にベスト8の成績を残すことができ、春季を締めくくることができました。


 夏には関東オール学生最強者決定戦に始まり、東日本大会があり、秋のシーズンへと移行していきます。今後とも応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご意見・ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。